友達つくりの条件は、許しあえる関係づくり

友達の輪を広げよう!

Topics

許し合える関係をつくろう

許し合える関係をつくろう

友達を特別な人間だと思わない

友達ができると「自分よりも格好いい人」「自分よりも格上の人」「自分にはもったいないような人」などと、相手を自分と比べて特別な人だと思ってしまう事があると思います。しかしそう思って付き合うと、相手にへりくだったような物言いをしてしまい対等な友人関係を維持できなくなってしまう事があります。またよくあるパターンとして、その友人の前では「友人に負けないくらい格好いい自分」を演じてしまい、本来の自分の良さが出なくなってしまう事もあります。無理な自分を演じても心を開いていないため、せっかく良い友達ができたのに会うときはいつも緊張してしまうような関係になり、やはり友人関係が長続きしなくなってしまう事があります。「自分よりも格上」なのは「あなたが考える友達の姿」であり友達本来の姿ではありません。自分も相手も同じ人間で、いいところも悪いところもあると考えるようにしましょう。

友達に期待しすぎない

友達の事が大好きになると、友達中心の生活を送ってしまう事があります。バイトよりも友達との遊びを優先したり、学生ならゼミを選ぶのも自分の趣味趣向よりも友達と同じゼミにしようなどと考えてしまいがちです。しかし友達がその期待に応えてくれるかどうかは別問題です。友達は他にもたくさん友達がいて忙しいかもしれません。そもそも友達に対してそれほど頑張って接しようと考えていないタイプかもしれません。また彼や彼女がいる場合はどうしてもそちら側を優先してしまうでしょう。そういう時はもしも自分が友人の立場だったらどうかと考えて見ましょう。彼や彼女が出来たら、そっち中心の生活になってしまうのではないでしょうか。友達は関係さえ崩さなければずっと友達のままです。友達が忙しくて会えない時は、土産話を楽しみにするくらいの余裕を持った距離感を持ちましょう。

「日本コミュニケーション能力認定協会」に入ってみる

コミュニケーション能力を高くしてどんどん友達を作って、友好関係を広げて行きたいと思っている人におすすめなのが「日本コミュニケーション能力認定協会」です。日本教育推進財団の認定のセミナー講師の体験型の講座が開かれています。コミュニケーションが上手な人や友達つくりが上手な人は「ちょっとしたコツ」を持っているものです。この協会の講座内容を知っているだけでも、すごく友達ができやすくなると思います。人生の質はコミュニケーションの質で決まるともいわれていますので、ぜひ若いうちにコツをつかんで友人関係を充実させ質の高い人生を送ってほしいと思います。

スポーツを通して友達をつくろう

まずは積極的な交流を
まずは積極的な交流を

友達をつくるためには、まず自分が興味のあるイベントやサークルなどに積極的に参加をする事が大切です。趣味趣向が近い人とは会話がしやすいので、会話をしている中で気が合いそうな人を友達にしましょう。またイベントなどに誘われたら、まずは断らずに参加をしてみましょう。あまり深刻に考えずに「様子見」くらい気軽に参加をするのがオススメです。そして友達が多そうな人がいたら、その近くに寄ってみましょう。彼らはフレンドリーですのですぐに声をかけてくれます。同時にたくさんの人を紹介してくれるでしょう。

全てのニーズに応える「ゴールドジム」
全てのニーズに応える「ゴールドジム」

フィットネスクラブに入って体を鍛えたい時に頭に浮かぶのは「ゴールドジム」という人が多いと思います。フィットネスに詳しい専属のトレーナーさん揃い、最新の筋トレマシンや有酸素運動用のマシンがたくさん揃っているので、自分の理想の体作りをする環境として最適だと思います。真剣に体作りに取り組んでいる仲間達と友達になる事も出来ると思います。またゴールドジムで体が出来上がると自分に自信を持てるようになりますので、大学やバイト先でも友達つくりがしやすくなると思います。

スポーツクラブでのスタジオレッスン
スポーツクラブでのスタジオレッスン

スポーツクラブは地元の大きなコミュニティのひとつです。運動をしたいダイエットをしたいという共通の目的を持った人がたくさん集まっています。スタジオレッスンは特にその中でも少数の濃いコミュニティですので友達ができやすいでしょう。筋トレやランニングマシンを使っている人も、それぞれ目的や趣味趣向がはっきりしていて共通の話題が多く友達になりやすいはずです。まずは挨拶からはじめて顔見知りが増えれば友達つくりが簡単になっていくでしょう。