友達つくりのテクニック!アルバイト先で友達をつくるには

友達の輪を広げよう!

Topics

アルバイトでは真心のある対応を

アルバイトでは真心のある対応を

大きな声を出しましょう

アルバイトはお金を稼げるだけでなく友達を作る場としても最適です。ただし第一印象が大切です。アルバイトの面接試験と同じようにアルバイトの初日はどんな人がやってくるか他のアルバイトも興味津々ですので、清潔できちんとした服装と髪型を心がけましょう。身なりがきちんとしているとそれだけで常識がある人だという印象をあたえますのでその後話しかけてくれる可能性が高くなります。
また大きな声を出す事も大切です。アルバイト先は仕事をする場所ですので、大きな声を出して用事をきちんと相手に伝える必要があります。初日の最初の挨拶を大きな声ですることで「使えるアルバイト」だという印象を周囲に与える事ができるので他のアルバイトに認めてもらうことができるでしょう。

アルバイト中も挨拶は基本

アルバイトに出社したら相手の顔を見ながら「おはようございます」「こんにちは」と挨拶をするようにしましょう。挨拶はアルバイトだけでなく社会生活でも基本になります。きちんと挨拶を出来ない人とは付き合いたいと思う人はいませんので注意をしましょう。他にも先に帰る人がいたら「おつかれさまです」と言ったり先に自分が帰る場合は「お先に失礼します」と挨拶をするのが基本です。
また挨拶をする時に相手の名前を付けくわえると好感度が上がります。自分の名前をしっかり憶えてくれたのだというスペシャル感がありますので、人間関係が円滑になります。相手も自分の名前を覚えようとしてくれるので友達になりやすくなるでしょう。

積極的に話しかける

アルバイトを続けて、顔見知りになったら積極的に話しかけましょう。特に休憩中がチャンスです。それまでに相手の事をそれなりに観察しておいて共通の話題になりそうな事を用意しておくことも大切です。また向こうから話しかけてくれた場合は聞き役に回りましょう。どちらかというと会話では聞き役に回ったときのほうが相手からの好感が高いものです。「話しやすい人」だという印象を持ってもらえたら飲み会などにも誘ってもらいやすくなるはずです。

思いやりを持って接する

アルバイトをしながら友達を作るコツは周囲の人に思いやりを持つことです。元気のない人には明るく話しかけてあげたり、仕事が忙しそうな人には手伝いを申し出るようにしましょう。自分の持ち場ではないからとか、時給以上働きたくないという人もいると思いますが少しくらいの気遣いをするために余分に働く事による損失はほとんどありません。それどころか職場の雰囲気がよくなりますし、あなたの評価が上がり働きやすくなるはずです。そこまでいけば職場のアルバイトみんながあなたと友達になりたいと思っているでしょう。

スポーツを通して友達をつくろう

まずは積極的な交流を
まずは積極的な交流を

友達をつくるためには、まず自分が興味のあるイベントやサークルなどに積極的に参加をする事が大切です。趣味趣向が近い人とは会話がしやすいので、会話をしている中で気が合いそうな人を友達にしましょう。またイベントなどに誘われたら、まずは断らずに参加をしてみましょう。あまり深刻に考えずに「様子見」くらい気軽に参加をするのがオススメです。そして友達が多そうな人がいたら、その近くに寄ってみましょう。彼らはフレンドリーですのですぐに声をかけてくれます。同時にたくさんの人を紹介してくれるでしょう。

全てのニーズに応える「ゴールドジム」
全てのニーズに応える「ゴールドジム」

フィットネスクラブに入って体を鍛えたい時に頭に浮かぶのは「ゴールドジム」という人が多いと思います。フィットネスに詳しい専属のトレーナーさん揃い、最新の筋トレマシンや有酸素運動用のマシンがたくさん揃っているので、自分の理想の体作りをする環境として最適だと思います。真剣に体作りに取り組んでいる仲間達と友達になる事も出来ると思います。またゴールドジムで体が出来上がると自分に自信を持てるようになりますので、大学やバイト先でも友達つくりがしやすくなると思います。

スポーツクラブでのスタジオレッスン
スポーツクラブでのスタジオレッスン

スポーツクラブは地元の大きなコミュニティのひとつです。運動をしたいダイエットをしたいという共通の目的を持った人がたくさん集まっています。スタジオレッスンは特にその中でも少数の濃いコミュニティですので友達ができやすいでしょう。筋トレやランニングマシンを使っている人も、それぞれ目的や趣味趣向がはっきりしていて共通の話題が多く友達になりやすいはずです。まずは挨拶からはじめて顔見知りが増えれば友達つくりが簡単になっていくでしょう。